2017-11

BEER BAR Bitter @神楽坂

DSC_1356.jpg


たまの平日休みには美味しいものを。
はずれない好きな街、神楽坂に。

まずは、ATELIER KOHTAで極上スイーツとスパークリングを。

DSC_1337.jpg DSC_1339.jpg DSC_1340.jpg

少し散歩して、SAKE BAR オトナリ

DSC_1344_201711151811579f3.jpg DSC_1345.jpg DSC_1348.jpg DSC_1350_201711151812033df.jpg
DSC_1353_20171115181206b7c.jpg DSC_1354.jpg DSC_1347_20171115181200e87.jpg

そして、目的のBITTERさんに。

DSC_1357.jpg DSC_1360.jpg DSC_1358.jpg

うわさに聞いた、ラードのみであげるフリット(ポテト)が
ビールをすすめます。

あー、呑んだ。満足。


BEER BAR Bitter (ビアバー ビター)
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13038108/





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




スポンサーサイト

地酒蔵 ちょいと酔っとくれ 吟醸生原酒 @神奈川

DSC_1331_20171115174057fe9.jpg


酒屋さんが自分のブランドとして売り出す。
そんな事を具現化している酒屋さんが新子安にあると聞いて
訪れてみました。

DSC_1326_20171115174054c62.jpg DSC_1327.jpg

店の入口にドカンと置かれたサーマルタンク。
蔵で出来た生原酒をそのまま移管したもの。
ゆえに度数は高い。
吟醸とうたってはいるが、
精米は50%の大吟醸クラス。
価格もそれなり。

醸造は岩手銘醸さんなのだが、
ラベルには、製造元ではなく店の住所が明記。
販売代理店という立場ではなく、
あくまでも、この店のオリジナルお酒という
スタンスのようだ。
OMEといえばいいのかな。

店主はすこぶる凄くやさしく、
試飲を進めてくれた。
ひとくち含むと、なるほど酔い、もとい良い酒だ。

購入とあいなり。
タンクから瓶にそそぎ、封をし、梱包する。
慣れたものだった。

DSC_1329.jpg

帰宅し冷やして開封してみる。
香りは、炊いたお米のようなの芳ばしい香り。

含む。

とにかく、米の上品な甘さと
濃厚な旨味ががつんと来る。
ただ、精米の高さからか、
雑味やエグミは、それほど膨らまない。
芳醇でありながら、クセは強くない。
今の主流のお酒ではないが
こういうお酒が日常にあったら
それはそれで幸せなのかもしれない。

DSC_1332_20171115174059633.jpg DSC_1334_201711151741019b8.jpg DSC_1335_20171115174103097.jpg


酒のいさごや
http://www.midskytower.com/news/p=5113

吟ぎんが 精米:50% 度数:18.5 アル添
720ml ¥1,400





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




十四代 中取り 純米吟醸 播州山田錦 @山形

DSC_0793.jpg


栓をあけるやいなや
芳醇かつ甘美な香りにやられる。

どこか、青林檎のような、
どこか、洋梨のような
どこか、若いメロンのような

こんなに果実を彷彿とさせる位
爽やかな味わいなのに、
しっかりとした旨味と渋みがのり
辛みで軽快にぬけていく。
実に味わい深く、爽快なお酒だ。

様々な蔵元が芳醇甘口のお酒を製造する昨今、
全ての十四代が一概に凄いとはいいきれない
時代になったことは、消費者として本当に
幸せな事だと思う。このブログを始めた頃に
比べると日本酒環境は驚く程、好転している。
しかしながら、未だに絶対的なポジションを崩さない
十四代の魅力は底知れないものを感じる。
味の安定・継続。これこそ、絶対王者の条件とするならば、
十四代のブレのなさは、ピカイチだろう。
保守でもいいだろうに、新しい取り組みもしている蔵でもある。

このお酒とじっくりと向き合うと、色々反省させられる。
こんな気持ちにさせてくれるお酒が他にあるだろうか。

こんなお酒がある国に生まれて良かった。

DSC_0794.jpg DSC_0795.jpg DSC_0797.jpg DSC_0796.jpg


高木酒造株式会社
山形県村山市大字富並1826

兵庫県産特A地区産山田錦 精米:50%
v 1800ml ¥4,320





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




田酒 あま酒 @青森

DSC_1132.jpg


田酒とはかいてあるが、
製造は同じ青森の三浦醸造。
田酒の粕をつかっているのかな。

さて、ラベルに
「小麹と酒粕の自然な甘み」と
書いてあるが、まさにその通りの味わい。

コンビニ等で売っている、
妙に甘いものや、妙にしょっぱいものとは
しっかり一線を画す味わい。
まぁ、田酒ブランド名乗る以上当たり前か、、。
決してかったるい甘さでもなく、
でも、丸く柔らかい甘さはしっかりと
感じる事が出来る。

体にはすこぶる良い甘酒。
こういう甘酒なら毎日呑める。

DSC_1133.jpg DSC_1134.jpg DSC_1140_20171017171832873.jpg


三浦醸造
青森県青森市大字油川字大浜257

米麹 酒粕
aj 180g ¥302





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




勝手口 ひまりや @西荻窪

DSC_0998.jpg


ホーム的な店と言っても過言ではない。
任せていれば、勝手にうまい酒がでてくる。
安心して、人を連れて行ける。

DSC_0982.jpg DSC_0984.jpg DSC_0987_20171017160728f47.jpg DSC_0989_20171017160731b46.jpg
DSC_0992_20171017160734af7.jpg DSC_0995_2017101716073871d.jpg DSC_0996_2017101716073959e.jpg
DSC_0983_20171017160723345.jpg DSC_0985.jpg DSC_0986_201710171607277e7.jpg DSC_0988.jpg
DSC_0991_20171017160733742.jpg DSC_0993_201710171607366a7.jpg


勝手口 ひまり屋
http://www.himariya.com/





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




HENDRICK’S GIN @スコットランド

DSC_1150_20171017154719018.jpg


先日バーで頂いたMONKEYが非常に美味しかったので
ジンを少しずつ呑んでみようかと思った。
クラフトジンなんて言葉があるように、
日本でもこれから、ジンが根付きそうだ。
まず、入口はここからかなってことで、
この酒をセレクト。

予想していたよりも、香りは無かったかな?
王道のスコットランドジンといってしまえば
それまでだが、もう少し福与かな香りや展開が
欲しいって思ってしまった。
まだまだ、勉強不足ゆえ比較はできない。
これからも、色々試してみたい。

DSC_1154_20171017154721e12.jpg


HENDRICK’S GIN
https://www.hendricksgin.com/





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




柳小路 まるうめ @二子玉川

DSC_1054.jpg


人とゆっくり話すのなら、
こういう落ち着いたバーがいいなって
最近思う。

DSC_1050.jpg DSC_1052.jpg DSC_1053.jpg


柳小路 まるうめ
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13021228/





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




横山五十 純米大吟醸 山田錦 (白ラベル) @長崎

DSC_0896_201709221419249a3.jpg


完熟パインの様ななんとも甘美な香り。

含む。

くわっ! これは衝撃の旨さだわ。
どこか、やまユにも似た体。
パパイヤのような濃厚な甘み、香り。
大吟醸らしい優しさはあるにせよ、
口当たりのインパクトは大きい。
中盤の展開も良い。
上品かつ濃厚な甘さが変化することなく
旨味のノリ方も適度で奇麗。
そして、中盤からの辛みも実に上品。
喉を通してから膨らむ香りも気持ちよい。

これは、素直にいえる。
参ったよ。

DSC_0898_20170922141927595.jpg DSC_0897_20170922141926afe.jpg DSC_0899.jpg DSC_0901.jpg


重家酒造株式会社
http://omoya-shuzo.com/

山田錦 精米:50% 度数:16
ad 720ml ¥1,985





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




獺祭バー23 @銀座

DSC_1020.jpg


獺祭を醸す、旭酒造の直営路面店。
販売だけでなく、試飲できるバーも併設。
ここのバーがすごい。
四合で定価1万円や2万円もするスペックの酒が
どれでも低価格かつ同価格で試せる。

極上フルーティの世界を全て
え?まじで?いう値段で楽しめる。

とりあえず、店にある全種類いただきましたw
ここは穴場。

DSC_1018.jpg DSC_1022.jpg DSC_1025.jpg
DSC_1027_2017092213575837f.jpg DSC_1028_20170922135800905.jpg DSC_1029_20170922135802e83.jpg


獺祭バー23
https://www.asahishuzo.ne.jp/barstore/ginza.html





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (410)
東北 (221)
青森県 (39)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (45)
山形県 (44)
福島県 (64)
関東 (78)
茨城県 (8)
栃木県 (21)
群馬県 (15)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (11)
神奈川県 (6)
中部 (131)
新潟県 (43)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (32)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (8)
近畿 (85)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (21)
和歌山県 (3)
中国 (39)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (12)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (23)
福岡県 (9)
佐賀県 (6)
長崎県 (3)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (11)
音楽・ダンス (250)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する