FC2ブログ

2018-11

篠峯 どぶろく @奈良

DSC_0088_2018110318111060d.jpg


新酒が出始めてはいるが
まだまだこれからって時ですね。
店頭での展開が無難で
結構悩むんですよね。
でも、やっぱり新酒。
それも、にごり系が呑みたいなって。
で相談していたら、これが目に入って。
よくよく見ると、篠峯じゃないですか。

はいっ。即買いですw

開封する。
開封注意とかいてあるが、特に爆発はなし。

香りは、なるほど、いわゆるにごりの米の香りに
酸味が若干乗っている。いや、酸味が強いかな。

含む。

おぉ。いいね。
想像してほしい、まったりとした米の旨味に、
篠峯の独特なブドウの様な林檎ようなラムネのような酸味がのる。
それだけでもワクワクしないだろうか?
中盤はいわゆる、爽やかお米飲料。
ドロッとはしているがもたつきはない。
辛みは穏やかなのに、エッジのきいたキレ方をする。

これは、いい。濁酒なのに爽やか。
秋の夜空を眺めながら、冬の訪れを感じる
今の時期にピッタリなお酒ではないだろうか?

DSC_0090_20181103181113947.jpg DSC_0091_20181103181114f27.jpg DSC_0089_201811031811127d3.jpg DSC_0092_20181103181116546.jpg


千代酒造株式会社
http://www.chiyoshuzo.co.jp/shinomine/

度数:16-17
ah 720ml ¥1,350





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




スポンサーサイト

Monkey Timers Ray-Ban x Boiler Room 023 Unplug DJ Set




安定の気持ちよさ。
B to B の意味が凄くあるユニットの妙技。





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽 @山口

DSC_0079_201811031811059fa.jpg


このクオリティが
近所のスーパーで買える時代って考えると
やはり日本人の日本酒への意識は
大分変わったなと
改めて思うばかりである。
このブログも始めて随分月日が立つ。
リンクを貼っている人達の殆どが
ブログを辞めてしまっている状態。
ブログでイチイチ訴えなくても
ちゃんとした日本酒が身近な所で手に入る。
そうなると、このブログをやっている意味合いもかわるかな。
そろそろ潮時かななんて思ったりもします。

でも、このブログを最後を飾るお酒は既に決めている。
冷蔵庫にねむるそのお酒を呑まない限りはやめられない。

DSC_0080_20181103181105a5d.jpg DSC_0081_20181103181107c9f.jpg DSC_0082_20181103181109f99.jpg


旭酒造株式会社
https://www.asahishuzo.ne.jp/

精米:48% 度数:16
720ml ¥1,695





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




砂原良徳 - DJ @ 森、道、市場 2018




俺の中では、いつでも安定すぎるプレイ。
砂原さんのセレクトはやっぱしびれるわ。





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




ニホンバシ イチノイチノイチ @日本橋

DSC_0055_20181103174958aac.jpg


この界隈も色々かわってきたなぁ。
日本橋の夜景を眺めながら、
日本酒を飲めるとは。

今宵はakabuを中心で。

DSC_0054_20181103174958be2.jpg DSC_0056_2018110317500004a.jpg


ニホンバシ イチノイチノイチ
http://www.nihonbashi111.jp/





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




ヒトリテクノ / 岩寺基晴 (サカナクション)




こういう、基本がわかる動画って楽しいよね。





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




白鴻(はくこう) 純米吟醸原酒《鯉》ラベル 広島限定 @広島

DSC_1034.jpg


特にカープファンって訳ではないですが、
優勝おめでとうってことで。

開封すると、
米の奇麗な香りがします。

まずは冷やで。
口当たりこそ、メロンっぽい甘さがあるが、
直ぐに広がるしっかりとした米の旨味。
中盤からの辛みがかなりえぐい。
辛みの裏にある芳ばしさもいいね。

つづいてぬる燗で。
しっかりとした米の旨味ががっつり
そして抜ける辛さにしびれます。

DSC_1037.jpg DSC_1035.jpg DSC_1038_20180930232420b10.jpg
DSC_1036.jpg DSC_1039_20180930232422b03.jpg


盛川酒造株式会社
http://morikawa-shuzo.com/

麹:広島県産八反35号 21% 掛:兵庫県産山田錦79% 精米:60% 度数:17 超軟水仕込
720ml





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




炉端焼 八八 (ハチハチ) @三宿

DSC_1023.jpg


中央線民族だった私が、東横線沿線に住んでみて思った。
旬な日本酒が呑める店が圧倒的に少ねぇ。
それでも最近は、ブームにのり日本酒を取り扱う店が
増えてきたのも事実。
西小山の「かがた屋」さんの影響も大きいだろう。
しかし、大手チェーン居酒屋ですら
平気でレア銘柄を提供するこのご時世。
酒のラインに個性を感じるお店はまだまだ少ないのが現状である。

さて、今回おじゃました「八八」の場所は三宿。
最寄り駅である、池尻には名店「つくしの子」が。
そしてもう1つの最寄り駅の三茶には日本酒番長こと
十四代を醸す髙木酒造蔵直の「赤鬼」が鎮座。
とはいえ、前者は、一元お断り。
後者は予約必須のお店である。
東横沿線の中でも、珍しく日本酒に前向きになれる
このエリアに満を持して出店したのが「八八」である。

このお店、ただ者ではない。
今の日本酒文化を引率したといってもいい
中央線文化。その中でも、特に名店が
しのぎを削り合っているのが吉祥寺。
その吉祥寺において、日本酒マニアどもを
10年近く唸らせてきたのが「ひまり屋」である。
そのひまり屋が八八の母体である。

ベタな日本酒を揃えることだけなら
どこでも出来る。
そこに提案力、ホスピタリティ、
PB商品が絡む店が都内にどれ位あるだろうか?
主な卸元となる酒屋は日本酒好きなら絶対にしっている「聖地」。
まさに今のトレンドを押さえることができます。
日本酒初心者なら「お任せ」に。
しっかりとお酒の流れを組んでくれるだろう。
日本酒への貪欲な知識が
店員さん全員にあるので安心です。

ここまでくると、
日本酒が呑めないと楽しめないのでは?
って感じになると思いますが、ボールやホッピー、
ハムカツといった大衆酒場の定番も網羅。
気軽に立寄れる要素もたくさんあります。
なにげに、それらも美味い。

日本酒不毛地帯だった三宿に降り立った
中央線日本酒文化。ブームに踊らされず、
しっかりと旬なお酒を楽しみたいのなら
このお店はスタンダードになりえる。
カウンターでシッポリ。
炉端で焼かれた美味い魚をアテに、一献。
テーブル席や座敷席で
仲間達とワイワイ。
様々なシーンで重宝できるレイアウトもいい感じ。

日本酒の新たな出会いを求めているならば、
三宿まで脚を伸ばしてみてはいかがだろうか?
きっとその期待にしっかりと応えてくれるはずだ。

これからが楽しみなお店である。

DSC_1007.jpg DSC_1006_20180930231133dbd.jpg DSC_1009.jpg DSC_1010.jpg
DSC_1012_20180930231142b13.jpg DSC_1013_20180930231143d3e.jpg DSC_1016_20180930231148da2.jpg DSC_1017_20180930231149cdc.jpg
DSC_1018_20180930231151648.jpg DSC_1019.jpg DSC_1020_201809302311541f5.jpg DSC_1025_20180930231157845.jpg
DSC_1008.jpg DSC_1011.jpg DSC_1014_20180930231145d7d.jpg DSC_1015_20180930231146ecc.jpg


炉端焼 八八
https://www.facebook.com/%E7%82%89%E7%AB%AF%E7%84%BC-%E5%85%AB%E5%85%AB-1921696924555758





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




外ケ濱 Micro Bubble JUN @青森

DSC_0796_20180829003255fbb.jpg


精米率は55%ってことは基本は
純米吟醸なんだけど、
炭酸ガス注入ってことで
その明記ができないとか
面白い。

そんな訳でグラスにつぐと
泡の量が日本酒のソレとは全然違います。

前回同様、香りはそこまで強くなく、
すこしくすんだ。甘酸米香。

味わいも前回とほぼ同じイメージ。
オリが絡んだ瓶内二次発酵ではなく
ガス注入なので、いたってスッキリ。
ブドウに僅かな乳酸ぽさをたしたイメージ
酸味のキレと、白麹らしいまろやかさを
楽しめます。
旨味、コクなどの全体の膨らみはスマートです。
ラストは炭酸と酸味でふわっときれていきます。
辛みはまあまぁ。
サクっといけます。

田酒のような、しっかりとした甘さやコクを
求めるなあらこのお酒は少々ものたりないかも。
私的には食前酒として呑むには、かなりアリ。

DSC_0802_20180829003259565.jpg DSC_0799.jpg DSC_0800.jpg


株式会社 西田酒造店
http://www.densyu.co.jp/

華吹雪 精米:55% 度数:14 炭酸ガス
t 720ml ¥1,659





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




金木犀 feat. 鈴木真海子 / TOSHIKI HAYASHI (%C)




真海子さんのラップはもちろんなんだけど、
ハヤシさんのトラックの安定感ったら。
たまらんわ。





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (429)
東北 (240)
青森県 (41)
岩手県 (8)
宮城県 (25)
秋田県 (50)
山形県 (46)
福島県 (70)
関東 (88)
茨城県 (9)
栃木県 (21)
群馬県 (17)
埼玉県 (11)
千葉県 (12)
東京都 (12)
神奈川県 (6)
中部 (144)
新潟県 (46)
富山県 (4)
石川県 (15)
福井県 (11)
山梨県 (1)
長野県 (35)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (9)
近畿 (90)
三重県 (37)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (24)
和歌山県 (3)
中国 (42)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (13)
山口県 (14)
四国 (23)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (12)
九州 (31)
福岡県 (10)
佐賀県 (6)
長崎県 (4)
熊本県 (7)
大分県 (4)
焼酎・その他のお酒 (11)
音楽・ダンス (280)
酒屋 (1)
DJ-MIX (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する