2017-04

嘉泉(かせん) 純米にごり酒 @東京

DSC_1250.jpg


引き続きな感じで。

多摩を代表するお酒のひとつ「嘉泉」を醸す
田村酒造場さん。
いわゆる流通酒を造っている蔵元だが
多摩生まれの人間にとっては大切に思う蔵元の一つだ。
まよわずこの時期ならではにごりをセレクト。
どうでるか楽しみに開封である。

グラスに注ぐと予想以上のとろけかたである。
香りはずばぬけて良い。
甘酒のようだ。
酵母で糖化された米の香りそのものというか。
日本人ならくすぶられる香りであろう。

含む。
意図的な甘さがない平坦な味わい。
しかし作意的な甘さがないからだろうか?
米本来の甘みと、草原の香りのようなさわやかさが
口のなかでグングン広がり鼻腔を覆う。
その爽やかさは多摩の人間なら
どこか郷愁を感じるのではないだろうか。
水の香りなのかな、、。
奥底にしっかりとある辛さを感じながらも
雪化粧で舌がひりつくこともなく
穏やかにきれていきます。

芳醇、濃厚、そして郷愁。
一緒に食べた極上の中トロの濃厚な脂を見事にきり
味覚をリセットしながらも、抑えられた甘みは余波が少なく
食事の邪魔をしない。
一つの銘柄を常に呑んでいた世代の
日常酒とはこういうものなんだろうと感じた。
このお酒の良さをもっと知らなくてはいけない。
これからも福生に訪れるタイミングは幾度もあるだろう。
その際には色々購入してみたいと思う。
いつか仕込みシーズン、それも予約でしか買えない
無濾過生原酒も試してみたいところだ。

DSC_1246.jpg DSC_1247.jpg

田村酒造場
http://www.seishu-kasen.com/

精米:70% 度数:16-17 酒度:-1~-15 酸度1.8-2.2
田村酒造場 720ml ¥1,296





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




スポンサーサイト

酒坊主 @富ヶ谷

DSC_0389.jpg

こうじゃなきゃいけない。
杓子定規はいたって不愉快だ。
しかし、それがいい具合に届く時がある。
お客が求めるもの。
店側のこだわり。
この二つのバランスが取れてこそ後者は輝き響く。
久々に店側の気持ちが届いた店でした。

DSC_0388.jpg 

お店にはいってまず気づく。
各机に今宵堂さんの賽がある。
間違いない、確信にかわる。

カウンターや椅子は綺麗な木製。
安易な北欧風などということはなく、
ある意味無機質性を持ち合わせたミッドセンチュリー風。
食器や酒器も非常にまとまりがあって見た目にも気持ちよい。
そしてお客が詰まりすぎていない。

DSC_0390.jpg DSC_0391.jpg DSC_0393.jpg
DSC_0396.jpg DSC_0395.jpg DSC_0402.jpg 
DSC_0399.jpg DSC_0400.jpg DSC_0403.jpg
DSC_0405.jpg DSC_0406.jpg
DSC_0394.jpg DSC_0397.jpg DSC_0398.jpg
DSC_0407.jpg DSC_0408.jpg

お酒、食事を楽しみながら店主のお話をきく。
強い信念のこだわりを持ったお話は非常に面白い。
とはいえ、強気な発言とは裏腹に、
酒のセレクトは自分のストライクゾーンから
それることのない酒になった。
なのに、垂直や水平もさせてもらえて
かなり勉強になった。
きっと店主は繊細な心の持ち主だと思われる。
安心材料といえよう。

〆ラー同様、飲むとどうしても食べたくなるカレー。
このお店には絶品カレーがある。
このお店だけで満足できることは、大きなポイントですね。


酒坊主(Sakeria)
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13161202/



力です!よければクリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




十右衛門 純米無濾過生原酒 直汲み @東京

NEC_1626.jpg


甘い。
とにかく甘い。
久々にのんだ、レペゼン東京の豊島屋さんのお酒は
甘と旨みが吐出していて、正直食中には飲めなかった。
ソロちびちびに切り替える。
チリチリとしたガス感と酸味が甘味を押し上げる。
村祐とかあーいう甘さとはちょっと違う。
酒感がびっちりな甘さ。
こんなに甘かったっけ?夏酒だから?

そんな疑問は開封3日目で消えた。
落ち着いてきた。ガスの感じも甘さの感じも。
こうなっちまえば、いつものそれ。
グラスは加速する。
のみきっちまいました。

NEC_1625.jpg


豊島屋酒造
http://www.toshimayasyuzou.co.jp/

掛米:55% 麹米:60% 度数:17-18 酒度:3.0 酸度1.8
渋谷東急 720ml ¥1,575



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




屋守 酒粕 @東京

NEC_0414.jpg


お節はもちろん、豪勢な肉やら、魚介だらけでやはり胃がつかれるわけで。
冷蔵庫に余っている食材で何かつくろうかと、、。

そんな時はドラえもーん!!
ピカピカー!!「さーけーかーすー!!」

実は元旦の昼に「逆走」でおなじみ友人のヨッシーと会って
酒粕と、とんでもない化物酒をいただきました。
お酒はのことは後日書くとして
粕をもらった瞬間に粕汁を作ることは決めていました。

だしは昆布、カツオ、シイタケの芯の部分だけ
(今回は傘を入れると香りが強くなりすぎる)ねぎの青い部分。
野菜は、大根、ニンジン、ゴボウ、サトイモ、
舞茸、タケノコ、ブロッコリー。
肉は豚、魚介は鮭と鰤。
各素材ごとに下ごしらえ・下茹でをしっかりやったので
賞味30分くらいかな?生姜、塩、醤油で味に輪郭つけて、
白みそでベースの味付け。
そして満を持して登場は、レペゼン東京の酒「屋守」の酒粕。
これが、やばいくらい美味い。そして香りのいいこと。八反錦クオリティ。

NEC_0416.jpg

で、できました。

少しおいて味を落ち着かせて、夕飯時にいただきます。
明太子を上からかけて半生になってところすするのもうまそうだな、、やろう!
ネギは大量に、七味は少なめに。
体を冷やして帰ってくるであろう、親父にのませたいと思っています。

NEC_0418.jpg

それから、甘酒も作ったので母と呑みます。
近所の人からもらった柚子があったな。
祖母が作った生姜があったな。
いろいろ試してみようっと。

改めてヨッシーにデフ感謝!!

それにしても、この三箇日、日頃たまった料理フラストを発散すべく、
鬼の形相で作りまくった。家族に、集まってくる親戚に、そして自分に。
食材が気持いい位なくなっていく。

NEC_0443.jpg 

みんなに、一番好評だったのは、牛肉のワイン煮込みと、
ブラックタイガーで出汁をとったエビオイルで作ったパスタ。
あまりの好評っぷりに親父がお年玉くれましたw
いや、これはチップと言って方がいいか、、

NEC_0439.jpg

個人的には、燻製のカモとあぶり鶏肉でつくったプルプル親子丼が一番
美味しくできたと思う。


豊島屋酒造
http://www.toshimayasyuzou.co.jp/



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

東北関東大震災義援金




澤乃井 本醸造 辛口にごり酒 @東京

NEC_0410.jpg

再び甥です。
もとい、奥が叔父ですw
叔父が持ってきたお酒のうちの一本がこちら。

NEC_0402.jpg


多摩の人間にとって、澤乃井はある意味伝統なお酒の一つ。
叔父は青梅出身、在住。セレクトにブレなしです。
しかし、自分たち芳醇甘口世代には少し縁遠いお酒であることも事実。
でも、この活性にごりはいい意味で裏切ってくれました。
いわゆるオールドスクールな辛さをもっている澤乃井ですが、
オリでその辛さをうまく調整、逆の辛さが活きてきます。
炭酸による口当たり良さ。酸味のバランスなどもいい具合。
その爽快さは、とかくお節や刺身などにはあっていた。

小澤酒造さんでもこういう取組を始めたんだなって
関心した一本。

それにしても、叔父のセレクトしたもう一本もにごり。
セレクト渋いな~w
叔父は60歳を超えているんだけど、
とにかく飲み方がタフ。とにかく強い。
自分の酒に対する血が母方からだということが確定した一日でした。

NEC_0403.jpg NEC_0407_20130104072956.jpg NEC_0408.jpg NEC_0409.jpg


小澤酒造株式会社
http://www.sawanoi-sake.com/

度数:17-18 700ml



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

東北関東大震災義援金




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (396)
東北 (217)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (44)
山形県 (43)
福島県 (63)
関東 (70)
茨城県 (6)
栃木県 (19)
群馬県 (14)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (9)
神奈川県 (5)
中部 (126)
新潟県 (40)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (31)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (7)
近畿 (84)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (20)
和歌山県 (3)
中国 (38)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (11)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (20)
福岡県 (9)
佐賀県 (5)
長崎県 (1)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽 (245)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する