2017-03

Shida Cidre (シア シードル) 純米発泡試作酒 スノウフレーク仕様 @静岡

DSC_0708.jpg

頂き物のお酒です。
それも、試作酒って。
ありがたやありがたや!

早速のもう。

うわ!これ、うまぁーい。

シードルと名がついているように、
少しドライな、良質なにごり発泡。
米の甘さと酸味の具合が良い!

香りからして、好きなにごり発泡の香り。
甘さを酸味で消すような、そういうバランスではなく、
自然な米の甘さと酸味を両方活かす様な味わい。
辛味も極端に強くなく、このバランスかなり好み。
余韻も気もちいい、、。

一日の終わりに、さっぱりといただく感じかな。
よい酒をいただきました。

DSC_0709.jpg DSC_0711.jpg


株式会社志太泉酒造
http://shidaizumi.com/

山田錦 精米:60% 度数:14
300ml





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




スポンサーサイト

梵 初雪 生原酒 しぼりたて 純米吟醸 @福井

DSC_0775.jpg


香りは比較的ドライな感じ。
しかし含むとかなりの甘さにびびる。

おりが絡むことによって、五百万石らしい、
なんともいえない優しく厳かな甘さが
よりいっそう引き立つ。いや、かなり甘い。
ざらめやハチミツとまでは言わない。
嫌みな甘さでは決してないが、
かなり濃厚な甘さだ。
そんな甘さに対応する酸味、旨味も
いい働きをするが、このお酒の
もう1つの主役ともいえるのが
一環して強い、辛味。
甘さをきるというより、甘さとは
セパレートで平行して辛さが終始走る。
そんなイメージである。
なので、鼻腔への抜けの香りも実に良い。
安定した美味しさである。

DSC_0781_2016111601413441c.jpg DSC_0779.jpg DSC_0780_20161116014132796.jpg SakeD3059_720_2.jpg


合資会社加藤吉平商店
http://www.born.co.jp/

福井県産五百万石 精米:55% 度数:17
b 720ml ¥1,543





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




常山 純米吟醸 播州山田錦 直汲み @福井

DSC_0686_201611160058542a0.jpg


肩ラベルに「直汲み」と書いたものもあったのだが、
お店の人に相談すると、ノっているのはこちら
ということで購入してきました。
まぁ、これも「直汲み」なんだけど。
早速開封ですよ!

香りは林檎に少しパインを足した感じ。

含む。
ピチピチ。まさにフレッシュ。
ほとばしる酸味と甘みと苦み。
まるでグレープフルーツのようだ。
旨味がのると思いきや
辛味がずさーっと持って行く。
キレッキレッっす。

やばい、盃が加速する。
これは絶賛だわ。

DSC_0687_20161116005856e20.jpg DSC_0688_20161116005857001.jpg


常山酒造合資会社
http://www.jozan.co.jp/

播州山田錦 精米:麹50% 掛60% 度数:16-17
ks 1800ml ¥3,240





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




越乃影虎 龍 @新潟

DSC_0595_20161016113444e8b.jpg

続いて、影虎。

香りはがっつりオールドスクール。
好きなひとはとことん、嫌いなひとは
苦手な香りです。

ふくむ

雪中梅にくらべるとだいぶすっきり。
五百石を使用しているとはいえ、
甘味はそこまでつよくありません。
相反するように、酸味と旨味と辛味
これらはだいぶ強い。
この芯の太さはまさに燗向け。
熱燗でくぴくぴいきまたよ。

後半は買ってきたフグヒレでヒレ酒に。
値段を考えれば、何気にあり。

DSC_0581_20161016113440add.jpg DSC_0584_201610161134413b6.jpg DSC_0585.jpg DSC_0587_201610161134383b5.jpg


諸橋酒造株式会社
http://www.morohashi-shuzo.co.jp/

五百万石 精米:65% 度数15-16 アル添
池田屋 720ml ¥815





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




雪中梅 本醸造 @新潟

DSC_0597_2016101611391232f.jpg


雨がずっと続いてムシムシ、酒よりビール
そんな日々も過ぎ、コオロギがなきまくる夜。
そろそろ燗酒ですよね。
なんとなく、オールドスクールな
本醸造系がのみたくなって、購入してきました。
ふだんなら絶対手にしない酒を二本。
でも、一般流通酒のお酒の味わいには
求められる理由もあるわけで。
その部分をかまみましょう。

香りはまろやか。
オールドスクール感はそこまで強くなく
少し甘味のある香り。

含むと旨味と甘味ががつっとと広がる。
アル添の甘さと言えばそれまでだが、
全体のバランスとしては悪くない。
少しもたつく中盤の味わいは、
辛さでなんとかきれていく。
味わいは濃厚。
重厚な旨味をラストまで楽しめる感じかな。

昔の人たちにとって、このお酒は
だいぶ、甘い方になるのだろうか?
そもそも、おらがまちレベルに蔵が
存在していたころには、酒の甘さって
どれくらいつよかったんだろう?
そんなことを思いながら、夜がふけて行く。

温帯は、常温からぬる燗くらいまでがいいかな。
好みとは違うが、アテによってはあり。

DSC_0589.jpg DSC_0590_20161016113910af5.jpg DSC_0591.jpg


株式会社丸山酒造場
http://niigata-sake.or.jp/kuramoto/112_index.html

精米:63% 度数:15-16 アル添
池田屋 720ml ¥1,296





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (390)
東北 (215)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (42)
山形県 (43)
福島県 (63)
関東 (67)
茨城県 (6)
栃木県 (17)
群馬県 (13)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (9)
神奈川県 (5)
中部 (126)
新潟県 (40)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (31)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (7)
近畿 (83)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (19)
和歌山県 (3)
中国 (38)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (11)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (20)
福岡県 (9)
佐賀県 (5)
長崎県 (1)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽 (245)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する