2017-10

Shida Cidre (シア シードル) 純米発泡試作酒 スノウフレーク仕様 @静岡

DSC_0708.jpg

頂き物のお酒です。
それも、試作酒って。
ありがたやありがたや!

早速のもう。

うわ!これ、うまぁーい。

シードルと名がついているように、
少しドライな、良質なにごり発泡。
米の甘さと酸味の具合が良い!

香りからして、好きなにごり発泡の香り。
甘さを酸味で消すような、そういうバランスではなく、
自然な米の甘さと酸味を両方活かす様な味わい。
辛味も極端に強くなく、このバランスかなり好み。
余韻も気もちいい、、。

一日の終わりに、さっぱりといただく感じかな。
よい酒をいただきました。

DSC_0709.jpg DSC_0711.jpg


株式会社志太泉酒造
http://shidaizumi.com/

山田錦 精米:60% 度数:14
300ml





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




スポンサーサイト

磯自慢 特撰 しぼりたて特別本醸造生酒原酒 山田錦 @静岡

DSC_1732.jpg


購入してすぐに開封して呑んだのですが、
少し置いてからの方が美味しく感じた。
特に一週間くらいたってからがヤバい。

くすんだ米の香りがかすかにします。
含むとフレッシュな甘さがググッときます。
バナナ的でもあり、メロン的でもある。
決してバシバシではありませんが、
吟醸香も十分に感じられ、
日本酒の華麗な含み香を楽しめます。
旨味が味に適度な熱さを与え
アル添らしいバランスの良さも感じれます。
含んでいるとコクと芳ばしい香りも感じられ
味わいに膨らみを与えます。
辛さは強くありません。
キレはかなり良い。

このお酒の鼻腔に抜ける香りの気持ちは
かなり秀逸。
呑み続けるとジワジワジワジワ好きになる。

なんだかんだで特Aの山田錦。
バランスのアル添。
本醸造って名前はむしろ前向きにすらとらえられる。
想像できないほどの完成度。
魅力的なお酒です。

DSC_1740.jpg DSC_1743.jpg DSC_1744.jpg DSC_1746.jpg


酒友 磯自慢酒蔵株式会社
http://www.isojiman-sake.jp/

兵庫県特A地区東條産特等山田錦 精米:麹55%掛60% 度数;18-19 酒度:+6 酸度:1.2
酵母:NEW-5(静岡) アル添
横浜君嶋屋 1800ml ¥3,672





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




臥龍梅 純米吟醸 生原酒 袋吊り雫酒 @静岡

F1001262_20100704101033.jpg


酒米のアイドルといえば、やはり山田錦ですね。
しかしながら同じ山田錦で醸したとしても、蔵によってその味は千差万別。
山田錦だからといって確実に好みの酒かといわれればそうではない。
しかしハズレ率が異常に少ないことはスタンダードたる所以だと思う。
そんな山田錦のパフォーマンスを私が好きな方向に引き出しくれたお酒の一つが
今日紹介する「臥龍梅」です。
以前も紹介しましたが、最近もっぱら地酒があつい静岡の中でも
キラリと輝くお酒です。

香りは火をとおした林檎のように甘く、
含むとバナナのような甘みが一気に膨らみます。
適度な酸が甘さをしめ、要所要所アップルパイのような風味も漂わせます。
お米の旨味ももわっと甘さと融合し、もったりゆっくりときれます。
これは旨い!

それにしてもこのラベルは素敵だ。
このお酒のためだけに書き下ろしたと考えると
蔵本の本気度を感じます。
要所要所に遊び心もあって、
お酒作りを楽しんでいる感覚が伝わってきます。


F1001266_20100704101032.jpg  F1001263_20100704101032.jpg  F1001267_20100704101032.jpg  F1001263.jpg



三和酒造株式会社
http://www.garyubai.com/

兵庫県酸山田錦:50% 度数:16-17 酒度:+4 酸度:1.3
南部杜氏 菅原富男 ふくはら酒店 720ml ¥1,800



ご覧いただき誠にありがとうございます。
↓気が向いたらでかまいませんのでクリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 





初亀 吟醸 箱仕込 @静岡

F1001141.jpg


実にめでたいラベル。
今年の正月にあわせて購入したお酒です。

しかしながらぶっちゃけますと、
レビューに載せるかどうか迷っていたお酒なんです。
というのも、最初に呑んだときにあまりにもインパクトがなかったんです。
言い換えるとすこぶる丁寧で繊細なお酒なんですが
1月というとムナゲ(無濾過生酒原酒)をガシガシ呑んでいる時期ですからね、、。

そんなわけで暫く寝かせておきました。


久々に開封したのは4月。
見事に味が開いておりました。
以前感じた立ち上がりの弱さも薄まり、
これぞ!日本酒といった旨みと酸は研ぎ澄まされています。
米の素直でストレートな世界観は初亀さんらしいですね。
にしてもきれいな酒だ。
個人的には、この味わいは少し優等生すぎるかな?
もう少し味の方向性に良い意味でのぶれがほしいと思うのは
贅沢でしょうか?


F1001142.jpg



初亀醸造株式会社
静岡県志太郡岡部町岡部744番地

兵庫県酸山田錦:55% 度数:15-16 酒度:+5.0 酸度:1.4 アル添
酒舗まさるや 1800ml ¥3,360



ご覧いただき誠にありがとうございます。
↓気が向いたらでかまいませんのでクリックしていただけると有難いです^^

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




天満月(あまみつき) 純米大吟醸 @静岡

F1000645.jpg



昨日から俺は犬か!と見まごうばかりに骨を食べたくなり、
本日、鳥の軟骨、膝軟骨、そして内臓系で砂肝を購入。
どうせだったら美味しいお酒を飲もうと、まさるやさんまで散策。
薦められたお酒がこのお酒だったので素直に購入しました。

早速料理を済まして、お酒を一口。
口当たりは大吟醸らしい香りと、バナナのような甘みに包まれます。
そこからマイルドに広がる米の甘みと酸。
喉を通してからの余韻がすばらしい。とてもほがらかに持続します。
最初は優しいお酒といった感じで、大きな印象はありませんでした。
ですので味付けの濃かった今回の料理と合わせるのは最小限に控え、
漬物とみょうがをあてに再度晩酌開始。そこからがすごかった。
驚いたことに、呑めば呑むほどその味が心地よくなっていく。
例えるなら、全く意識してなかったクラスメートと、同じ班になり、
色々話して行くうちに、あれ?かわいくね?と気づき恋しちゃうパターンw。
だんだん酌のペースが上がっていき、すぐに一本なくなりましたw。

静岡=地酒が旨いというイメージが、今以上に浸透するような気がします。
酒に対しての意識がとても高い土地だと改めて思いました。


F1000646.jpg



神沢川酒造場
静岡市清水区由比181
054-375-2033

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (409)
東北 (219)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (45)
山形県 (43)
福島県 (64)
関東 (77)
茨城県 (8)
栃木県 (21)
群馬県 (15)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (11)
神奈川県 (5)
中部 (131)
新潟県 (43)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (32)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (8)
近畿 (85)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (21)
和歌山県 (3)
中国 (39)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (12)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (23)
福岡県 (9)
佐賀県 (6)
長崎県 (3)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (11)
音楽・ダンス (250)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する