2017-10

旭若松 純米酒 生 @徳島

DSC_1633.jpg


もう、温かくなるし
肌寒いうちに燗酒を楽しみましょう。
小さな蔵ながら燗好きの人達の間では
とても有名(と思われます)な、こちらのお酒が
入荷していたので購入。
楽しみに開封です。

香りはそこまで強くない。
少し酸があるかなって程度。

まずは冷で。
重厚な旨味と乳酸的な酸味。
口に入れた瞬間に広がるバナナの様な風味。
それもつかのま、雄町独特な焦げ付く様な甘み。
しかし中盤からぐっとオールドスクール。
酸味と辛みがグワッと膨らんできれています。

次は、本来の目的である燗で。
芳ばしい旨味と酸味は典型的な燗酒のそれなのだが
中盤から後半は以外に穏やか。
ゆるやかな甘みは雄町独特のカカオっぽさを放ち
とても心地よい辛味で膨らんで行きます。

熱燗より俄然ぬる燗かな。
旨いです。

すぐそこに桜の季節がきてるなぁ。
そんなことをしみじみと考えてしまいます。

DSC_1630.jpg DSC_1634.jpg DSC_1637.jpg DSC_1639.jpg


那賀酒造有限会社
http://www.awanavi.jp/spot/2013032703632/

麹:徳島産雄町22% 掛:徳島産日本晴77% 精米:65% 度数:19 酵母:10号系
本間酒店 720ml ¥1,800





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




スポンサーサイト

三芳菊 壱60 おりがらみ @徳島県

NEC_0106.jpg


等外米シリーズの一本。
先日紹介したWILD-SIDEは精米65%ですが、
こちらは精米60%。

基本、軸となる味わいは一緒で
酸味ガツッ!のパイナップル系。
おりがらみってことで酸味はより強いのかと
思われましたが、全体的な主張は幾分スマートかな?
等外米(といっても播州山田錦等外米だけど)を
こんな風に醸せる蔵の技術は凄いと思う。

酸味と旨味と甘味が中央で融合するというよりは
個々でぐんぐん主張するので、食中酒は厳しい。
俄然、食後・食間酒。

こういうお酒も有るんだという多様性を感じれる一本。

NEC_0109.jpg


三芳菊酒造株式会社
http://www.miyoshikiku.co.jp/

播州山田錦等外米:60% 度数:17度 酵母:徳島酵母
加桝屋 720ml ¥1,155



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

東北関東大震災義援金




三芳菊 WILD-SIDE 等外米 無濾過生原酒 袋吊り雫酒 @徳島

NEC_0084.jpg


2日間ほど帰省しておりました。
実家に帰る前にちょっと寄り道。

FxCam_1313304221582.jpg
まずは来年の頭になくなる「そごう」をパチリ。

NEC_0081.jpg
古着を何点か購入。

NEC_0082.jpg
そして、実家で飲む用のお酒を加枡屋さんで購入。

ヨシッ帰ろう。

実家について驚いた。
家が広くなってる!
実は水周りの改装したのだが、その工事にあわせて、
リビングダイニングと、浴室を広げていたのだ(感覚的に2倍の広さに)。
その他にも、どでかい液晶テレビが2台追加されていたこと。
光が通っていて、ノートパソコンも新しくなっていたことなどなど。

こうなるともうあれですよ。
絵に描いたようなグータラですよ。
食っちゃ寝ーですよ。

そんなお盆に
実家でチビチビやっていたお酒がこちら。
星矢さんがブログに書いて旨そうだった三芳菊です!

ほぼパイナップルといっても過言ではないその香りと味わいは
三芳菊さんのお得意とするところですよね。
酒か?と疑問を抱くような華やかさや、香りはさすがです。

酸味と、甘みと、旨みがかなり濃厚で
融合しきれてない部分も正直見え隠れしますが、
美味しいですよ。

母がつくった手作り味噌と、祖母がつくった野菜を
バシバシ食べながら、さくっと一本あけちゃいました。
グッジョブです!

NEC_0085.jpg


三芳菊酒造株式会社
http://www.miyoshikiku.co.jp/

播州山田錦等外米 65% 酒度:+1 度数:17度
酸度:1.8 ア酸:1.2 酵母:徳島酵母
加桝屋 720ml ¥1,155



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




三芳菊(みよしきく) 特別純米 阿波山田錦垂れ口 @徳島

F1000713.jpg

別のサイトで書いている日記から、酒の記事だけを避難させたくて
始めたブログも、一ヶ月が経過しました。
相も変わらずグダグダな感じは否めないですが、楽しくやっています。

まだ初めて短い時間ですが、米や蔵にも興味が及ぶようになるなど、
様々な視点や、気持ちに変化が生じたことは良いことではないでしょうか?
百貨店の陶器コーナーに足をとめるなど、半年前の自分には
想像すらできなかったでしょう(当面は買えませんがw)。
また、酒フェチな皆さんのブログを拝見することによって、
お酒の選択肢の幅が広がった事は、なによりも楽しい変化ですね。

しかし、一番リアルに変化したことがあります。


それは!


体重!!(泣)


トホホ、、。


うーん。
よくわかりませんが、日本酒のアミノ酸効果なんですかね?
アテを美味しくする魔力がすごいんですもの。
購入するお酒が美味しければ、必然とアテも美味しくなる。
結果、体重も、、ねぇ、、。

週に一回はジムかプールで運動してますが追いつきません。
とても危険です。
少し、自粛したいと思っております。


明日から、、(笑)(←ダメ人間の典型的パターン)



ということで今宵の晩酌は「三芳菊」。
とても、メロウでスイートなお酒です。

最初に気になったのは「阿波山田錦」。
店主曰く「田酒や、神亀さんも使ってますね」とのこと。
それじゃ間違いないだろうということで購入。
徳島のお酒は初めてなので、地元の名がついたの山田錦で
利いてみたい、という気持ちもありました。

封を開けると、洋ナシのようなさわやかな香りが漂います。
そして、口に含んだ瞬間に広がるのは、白桃のような甘さです。
その厚みのあるトロリとした甘さの暖簾をくぐって、
しっかりとした旨みもやってきます。この旨みにも厚みがあり、
時折、ローストしたような香りが鼻にぬけます。いいですよ!
ここまで甘いとさぞかし酸がガツッとくるのかな?なんて
思っておりましたが、意外に酸はそこまで強くないのです。
昔よくたべた、お菓子の「ヨーグレット」のような優しい酸で
甘みをうまーく調整しています。故に余韻はさわやかです。

中尾彬風に言えば「美味だね」
まさに美味。

人によっては「くどい」と思われる位、甘さが際立つお酒ですが、
私にはデザートワインのように思えました。まさにスイーツ。
この味でこの値段は、CPグッジョブです。

親爺さんが紹介した「壱」のレポを見ても解るとおり、
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/blog-entry-202.html
杜氏制度を廃止した同蔵は、しっかりとしたコンセプトで
商品作りに望んでいるように思えます。


今宵のアテは、本日購入してきたCDたち。
でも、飲んでみて思ったのは購入してきたCDの曲じゃなくて、
この曲かな?



メロウなお酒には、メロウなソウル。
大好きなレーベルUBIQULITYから。



F1000711.jpg


三芳菊酒造株式会社
http://www.miyoshikiku.co.jp/

阿波山田錦 60% 酒度:+2 度数:17度 酸度:1.6
鈴木三河屋 720ml ¥1575


 ← ポチッとしてもらえると嬉しいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (408)
東北 (219)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (45)
山形県 (43)
福島県 (64)
関東 (77)
茨城県 (8)
栃木県 (21)
群馬県 (15)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (11)
神奈川県 (5)
中部 (131)
新潟県 (43)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (32)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (8)
近畿 (85)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (21)
和歌山県 (3)
中国 (39)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (12)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (22)
福岡県 (9)
佐賀県 (6)
長崎県 (2)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽・ダンス (250)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する