2017-02

梵 初雪 生原酒 しぼりたて 純米吟醸 @福井

DSC_0775.jpg


香りは比較的ドライな感じ。
しかし含むとかなりの甘さにびびる。

おりが絡むことによって、五百万石らしい、
なんともいえない優しく厳かな甘さが
よりいっそう引き立つ。いや、かなり甘い。
ざらめやハチミツとまでは言わない。
嫌みな甘さでは決してないが、
かなり濃厚な甘さだ。
そんな甘さに対応する酸味、旨味も
いい働きをするが、このお酒の
もう1つの主役ともいえるのが
一環して強い、辛味。
甘さをきるというより、甘さとは
セパレートで平行して辛さが終始走る。
そんなイメージである。
なので、鼻腔への抜けの香りも実に良い。
安定した美味しさである。

DSC_0781_2016111601413441c.jpg DSC_0779.jpg DSC_0780_20161116014132796.jpg SakeD3059_720_2.jpg


合資会社加藤吉平商店
http://www.born.co.jp/

福井県産五百万石 精米:55% 度数:17
b 720ml ¥1,543





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




スポンサーサイト

常山 純米吟醸 播州山田錦 直汲み @福井

DSC_0686_201611160058542a0.jpg


肩ラベルに「直汲み」と書いたものもあったのだが、
お店の人に相談すると、ノっているのはこちら
ということで購入してきました。
まぁ、これも「直汲み」なんだけど。
早速開封ですよ!

香りは林檎に少しパインを足した感じ。

含む。
ピチピチ。まさにフレッシュ。
ほとばしる酸味と甘みと苦み。
まるでグレープフルーツのようだ。
旨味がのると思いきや
辛味がずさーっと持って行く。
キレッキレッっす。

やばい、盃が加速する。
これは絶賛だわ。

DSC_0687_20161116005856e20.jpg DSC_0688_20161116005857001.jpg


常山酒造合資会社
http://www.jozan.co.jp/

播州山田錦 精米:麹50% 掛60% 度数:16-17
ks 1800ml ¥3,240





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




一乃谷 暁 大吟醸 斗瓶中取り 無濾過生原酒 @福井

DSC_1844.jpg


買い物ついでに朝日屋さんに。
この時期には珍しく、夏酒以外がかなり充実。
定番から面白いラインまでガツッとあったので
ワクワクしながら冷蔵を覗いていると、
とある酒に「限定200本」のポップが。
200本仕入したのか?って思ったら
なんと生産が200本とのこと。
気になって店員さんに味わいを聴くと
「出品酒系ですね」
あ!はい!もう、即決で購入決定です。
ちなみに、朝日屋さんは60本せしめたとのことw
やりよりますねw

さて、家に帰って少し落ち着かせて
楽しみに開封です。
ポンっ!
強力な吟醸香が広がります。
素直な吟醸香って感じで
リンゴの様な、桃の様な香りです。

含む。

あーもう。
最初に言います。
The 大吟醸。

香りが香りだけに派手なブリブリなお酒になのかな?
って思っていたら良い意味で裏切られました。
確かに香りは派手なので、最初の一口は
その桃の様な香りと甘みにクラクラきます。
しかし、二口目。甘みの奥にあるクスミや苦みが
いい具合に味に膨らみをもたせます。
「単なる甘いだけのお酒じゃねーぜ感」半端ない。
三口目。旨味も舌の上で重なり、味わいのバランスが整う。
いやはや、このやり過ぎていそうで、やり過ぎていない感じ。
かなりいいバランスです。
大吟醸だけに、重厚さもないですし、抜ける様な辛さもありません。
しかし、なんだろ味の厚みは飲んで行くうちにどんどん積み重なります。

この味わいで、この価格か、、。
CP抜けてる。

はぁ~、こういうお酒があるんですね、、。
まだまだ、勉強不足です。

DSC_1842.jpg DSC_1845.jpg DSC_1846.jpg DSC_1847.jpg


株式会社宇野酒造場 
http://www.itinotani.co.jp/

山田錦 精米:40% 度数:17-18 酵母:協会14号 酒度:+4.0 酸度:1.3 アル添
朝日屋酒店 1800ml ¥3,132





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




黒龍 火いら寿 大吟醸純米酒 生酒 @福井

DSC_1495.jpg


このお酒は家呑みの、それも一杯目じゃないと
もったいないなって気がしてました。
その期待に見事に応える味わい。
ピッチピッチな若さと、落ち着き払った奥ゆかしさを持ち合わせる酒。
これは美味い。

黒龍の高価ラインのなかでも、
なぜか呑む機会が無かった「火いら寿」。
名前の由来は、明治初期、生酒の名に使用していた版木
から名付けたとのこと。
楽しみに箱から取り出します。

まずは、その外観の美しさ。
瓶の清々しさとシンプルなデザイン。
やらしい装飾を見ると、、
「その分値段からひけやー!ごらー!」
って思いますが、このディテールは良い感じ。

DSC_1509.jpg

開封します。
ん?香りがしない。冷やしすぎたか、、
1分ほど放置する。
再度くんくん。
おほっ!
強くはないが、なんて良い香りだ。
まるで瑞々しい和梨の様です。

一口含む。
ここの所、アタックの強いお酒ばかりのんでいただろうか?
その繊細さに舌と脳がついていかない。
頭を切り替えて、もう一口。
くぅぅぅうー!
なんて、柔らかい舌触りなんだろう。
フレッシュでいながらも
少しトロッとした艶やかさも持ち合わせている。
そして、この気持ちよい含み香。
3年前くらいのやまユなどにも感じた、
鮮明な色をもつ果実のような甘みと穏やかな酸味。
精米が高い分、がっつりと強く感じる事はないが、
その分、味の詳細がクリアーに見えます。
中盤からは一転、旨味が踊ります。
黒龍っぽい個性がここで出てくるんです。
米の奇麗的な旨味とでもいいましょうか。
雑味が無い奇麗な旨味です。
最後は喉を通すと鼻腔に辛さと芳ばしい香りが抜けます。

これは、うまいな。
値段の事もありハードルは
相当あがってるはずなんですけど、
容易に超えてきました。
おもしろいのは味の変化。
一杯目、二杯目が香り中心。
三杯目、四杯目が甘み中心。
そして、5杯目あたりから旨味中心と
その時々でピッチャーがなげる球のように変わるんですよね。
珍しく和らぎ水を用意してリセット、、いや
再度プレイボールしちゃったりしてね。
盃が加速する感じを久々に味わいました。
福井の大御所の意気込み。
十分堪能。

開封2日目。
昨日から一転、黒龍らしいバナナな体に。
気のせいか旨味もグンとあがっています。
こりゃ、早めに呑みきらないと、
大好きな繊細さが前面にでてこなくなる。
早めに呑みきりました。


さて、
石田屋は置いておいて、
この価格帯の黒龍にあえて好みつけるとするなら、
「八十八号」「火いら寿」「しずく」
という順かな。
CPという部分では優れているとはいえないが、
どれも繊細な味わいなので、
家でじっくり向き合う酒のように思う。

DSC_1498.jpg DSC_1499.jpg


黒龍酒造株式会社
http://www.kokuryu.co.jp/

兵庫県東条産山田錦:35% 度数:15
小山商店 720ml ¥5,400





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




花垣 純米 にごり酒 @福井

DSC_0048.jpg


伊勢丹の袋がブランニューってことで
早速いってきました。

DSC_0041.jpg

お酒をいれる袋もこんなカワユスなことに、、
キュンキュンしてたら購入しちゃってました。
生酒じゃないお酒は久々。

早速いってみましょう!

コメの澄んだ香りと雑穀のくすんだ香りが
丁度混ざったような、濃厚な香りがします。

含む。
北陸独特の香りといいますか酸味といいますか。
五百万石はすぐにわかったが、
日本晴という食米を使用したお酒は初です。
口当たりは結構しっかり。
まろやかでトロッとした甘さと、
強くはないがしっかり強調される酸味。
旨みがのってきて、味が横に広がり出すと
このお酒が水の波紋の様にムワ~っと展開する。
雑味や渋み、絡みは本当にラストの際立つ。
喉を通すとき手前。

冷で飲んでも十分美味しいが、
このまろやかさと、酸味は燗酒だとおもってつけてみた。
自分としては珍しい燗酒。

大正解。
いけてる。

今度は旨みと香ばしさが前面にでてくる。
まろやかな甘味は少し奥にひそみ、いい具合に酸味がたった。
いやはや、これは旨い。

って、後で調べてみたらスローフードジャパンの
燗酒部門で優勝していた。
なるほど、超納得である。

DSC_0047.jpg DSC_0046.jpg DSC_0043.jpg


有限会社 南部酒造場
http://www.hanagaki.co.jp/

五百万石 日本晴 精米:60% 度数:14-15 酵母:7号
酒度:-15 酸度:1.6 ア酸:1.6
伊勢丹新宿 1800ml ¥1,050



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (62)
食・店・施設 (390)
東北 (210)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (42)
山形県 (43)
福島県 (58)
関東 (67)
茨城県 (6)
栃木県 (17)
群馬県 (13)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (9)
神奈川県 (5)
中部 (126)
新潟県 (40)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (31)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (7)
近畿 (82)
三重県 (34)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (19)
和歌山県 (3)
中国 (38)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (11)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (19)
福岡県 (8)
佐賀県 (5)
長崎県 (1)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽 (244)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する