2017-02

千代田蔵 純米吟醸生原酒 山田錦 直汲み @滋賀

DSC_3388.jpg


道灌の蔵元の別ブランド。
はせがわさんでも取扱い出したばかりということで
購入してみた。
道灌は比較的優等生な味わいだったけど、
今回はどうなのだろう。

いきましょうか。

香りは少し芳ばしい感じ。

原酒らしくしっかりとした甘みがありつつも
キレのよい酸味とスパッとした辛味がかなり個性的。
旨味も膨らむが、香り同様芳ばしさもある。
この芳ばしさ、、たまに出会う独特のロースト感というかひね方。
あまり全面にですぎるととくいじゃなくなりますが、
まぁ、気にならない程度。

とまてよ、、この酸味と絡みと芳ばしさ、、。
燗にしてみたら。予想外に美味かった。

前半酸味でずばっと、後半旨味でずしっと。
そんな味わいです。

DSC_3395.jpg DSC_3393.jpg DSC_3394.jpg


太田酒造株式会社
http://www.ohta-shuzou.co.jp/

山田錦 精米:60% 度数;17
はせがわ酒店 720ml ¥1,620





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




スポンサーサイト

松の司 純米吟醸 ブルー 生 竜王山田錦 @滋賀

DSC_3311.jpg


松の司っていうと
比較的しっかりなイメージだったんですけど、
店頭でフルーティと紹介された思わず購入してみました。
地元産の山田錦なんて、素敵じゃないですか。
どうでるのか、楽しみに開封です。
いきましょう。

香りは芳ばしい米のしっかりとした香り。

含む。

派手なフルーティさとはちょっとちがうかもしれない。
けど、確かに梨っぽい林檎っぽい華やかな含み香です。
松の司っぽい濃厚かつ旨味もしっかり、
山田錦らしい苦みや辛味も感じられます。

食中だと旨味や芳ばしさが全面にたってしまうので
こちらはソロ酒がよいかな。

燗もつけてみたけど、人肌くらいが限界かな?

少しノリすぎている感じがありますが、
丁寧な作りを感じるお酒です。

DSC_3315.jpg DSC_3313.jpg


松瀬酒造株式会社
http://matsunotsukasa.com/

滋賀県竜王町産米山田錦 精米:50% 度数:16-17 酒度;+−0 酸度:1.3 酵母:自社 杜氏:石田敬三
はせがわ酒店 720ml ¥2,145





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png



道灌(どうかん) 特別純米生原酒 うすにごり 袋しぼり @滋賀

DSC_2376.jpg


バランスが非常に良く、
ものすごく優等生なお酒だけに
多くを語れないw

日本酒らしい甘み。
日本酒らしい旨味。
日本酒らしい酸味。
日本酒らしいコク。
日本酒らしい香り。
古くからある乳酸っぽい味わいと
芳醇世代にも訴える事のできる素直さ。

とんがった面白さを感じることは出来ないが
とにかくホっとする味わいである。
冷、常、燗。リベロ酒だね。

こういうお酒を日常でチビチビ。
そんなことを前提とすると俄然料理が楽しくなる。
味覚のリセットになるようなお手本になるようなお酒です。

DSC_2378.jpg DSC_2379.jpg DSC_2381.jpg DSC_2383.jpg


太田酒造株式会社
http://www.ohta-shuzou.co.jp/

滋賀渡船六号 精米:60% 度数:17-18
本間酒店 720ml ¥1,600





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




三連星 無濾過生原酒 純米吟醸 滋賀渡船六号 @滋賀

DSC_0123_20140720103139ae9.jpg


夏のこのシーズンって
無理にレア酒を狙いに行かない限りは
店頭で、ぐっとくる発見は少ない。
そんな時は、ずっと家呑みしようと目論んで、
タイミングが合わなかったお酒をチョイス。

そんなわけで、やってまいりました「三連星」

この名称をみて、

「黒い」

とか、

「ジェットストリームアタック」

とかが
頭に浮かんだ人は多分仲良くなれます。
この吟醸はザクカラーですが、
純米のほうはまさにドムカラー。
蔵元も狙ってるでしょ。

さてさて、外では、たまにのむ三連星。
以前は少しレアな感じがしてましたが、
最近は年間を通して購入できますね。

早速開封。

溢れる香りは少し乳酸にくすんだ青リンゴといいますか、
とにかくに香りは強い。
とても良香。

一口含む。

むむっ!
やはり渡船ですね。
予想通り、かなりしっかりしている。
トロッとした質感もあいなって結構肉厚。
豊かな香りをジューシーな米汁が抱え込んだイメージ。
酸味はそこまで強くないが、甘味・旨みは十分。
甘さが前面にたたないのは、えぐみを伴った渋みが
ドスっとのるから。若干スモーキーぎみ。
辛さはそこそこに、喉を通すと穏やかにきれていく。

なんだろ、、この感じ。
あ、そう昔のハッサクかなぁ。
幼少のころによく食べた、パサついたハッサク。
あの感じににてる。
そこまで、柑橘感バシバシではないが
香りとジューシーさと濃厚さがかなり印象的。

こりゃ、時間が経つと自分が意図していない方向に
変化しそうな味だ。
早めに飲みきることにしよう。

あ、そうそう、蔵元の美冨久酒造さんのサイトをみたら
オリジナルラベルを一本から作ってくれるんだ。
このサービス素敵です。

DSC_0120.jpg


美冨久酒造株式会社
http://www.mifuku.co.jp/

滋賀渡船六号 精米:55% 度数:17 酒度:+3 酸度:1.4 仕水:鈴鹿山系野州川伏流水
小山商店 720ml ¥1,550





Hi! it is Riki.
Please click it if good.

banner3.png




一博(かずひろ) 純米 うすにごり 生酒 @滋賀

DSC_0592.jpg


酸味と甘味。
コメの雑味もなんのその、
異常なまでのコストパフォーマンスを見せてくれるお酒です。

中澤酒造は滋賀県東近江市五個荘木幡町にあるのですが、
現在酒造りを休んでいます。
2004年から、中澤一洋氏が修行のかたわら畑酒造のタンクを借りて、
仕込み始めたお酒が「一博」です。
杜氏は中澤一洋君本人。

先日渋谷のサカノチカで飲んだ時の印象が忘れられなくて、
速攻買いに行きました。
気になるそのお味は、、。

香りはそこまで強くありません。
口に入れると広がる酸味と甘味。
それらがぐぐっと急上昇するから面白い。
旨みと香ばしさを広げながら
ラストはほんのわずかに舌をひりつかせる辛味できれる。

このお酒がすごいなって思うのは、味のまとめ方。
一瞬オールドスクール?と思わせぶりな香りを残しつつ
変にクセをだしすぎない。きれいめすぎず、
そして旨みが全面ですぎず。
甘味と酸味も突出しているものの、
身を任せても気持ちいいくらいの広がり。
フレッシュ好きも生もと好きも巻き込む感じの
絶妙な加減の味領域。

明確な輪郭を持った甘味。
力強さとまろやかさを両方持っている。
冷でも、かんでも、うまい。
こういう酒が日常酒になってきた俺の生活も悪くない。
これは、ゆっくり楽しめそうだ。

DSC_0594.jpg


中澤酒造有限会社
滋賀県東近江市五個荘小幡町570

滋賀県産吟吹雪 精米:60% 度数:16.8 酒度:+3 酸度:2.1 酵母:14号
伊勢五本店 1,800ml ¥2,366



力です!よければクリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (62)
食・店・施設 (390)
東北 (210)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (42)
山形県 (43)
福島県 (58)
関東 (67)
茨城県 (6)
栃木県 (17)
群馬県 (13)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (9)
神奈川県 (5)
中部 (126)
新潟県 (40)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (31)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (7)
近畿 (82)
三重県 (34)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (19)
和歌山県 (3)
中国 (38)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (11)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (19)
福岡県 (8)
佐賀県 (5)
長崎県 (1)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽 (244)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する