2011-01

鳥房 @京成立石

F1001995.jpg


京成立石についたのはちょうど19時。
自分が良く行く街は、これから!って時間帯ですが
立石で呑むにはちょっと遅いですね。

分かってはいたが「宇ち多゛」は、早々と材料売り切れで閉店。

どうしようか、少し考え。
とりあえず、同じく材料がなくなり閉店しかけていた「ミツワ」に移動。

F1001992.jpg

若干残っていた焼き物を教えてもらい「全部頂戴」と注文。
ラッキョウ、豆腐煮込みと、ラストだということでいただいた惣菜
そしてモツ焼きを梅サワーで流し込みました。

F1001990.jpg F1001991.jpg

うまいわぁ。


まだまだお腹はペッコリーナ。
どうせなら行ったことのないお店に行きたいなってことで
友人と二人して候補上げ。

で、向かったのが「鳥房
唐揚げで有名なこのお店、表通りには普通の店舗を構えております。

F1001993.jpg

その横から路地にはいると、飲食のほうの入り口があります。
早速お店に入ると満席とのこと。10分ほど外で待ってからの入店となりました。
まずは冷え切った体を熱燗で温める。

F1001996.jpg

突き出しの鳥皮と合うんだこれが、、。

体が暖まったところでビールに変更。
がっつり行きましょう!
注文したのは、

鳥南蛮(砂肝の酢和え)
鳥ポン酢 (半生のお肉に薬味とポン酢あえ)
そして名物の鳥の唐揚げ×2
全ての皿が目の前に並ぶと見事に鳥だけですよw
とてもボリューミーで美味い。

しかし、やはり特筆すべきは唐揚げだ。
内容は鳥の半身の素上げで、塩だけの味付けである。
アッツアッツで運ばれてくる半身からはなんともいい香りが。
お願いすると、このお店のもう一つの名物であるおばちゃ、、
いやもとい、おねー様達にほぐしてもらえるんです。
「ここは手羽でしょ?首、アバラー」って具合に。

F1001997.jpg F1001998.jpg

目の前でものの見事に解体された鳥を早速むさぼりつきます!
これは美味かった。味もそうだが、香りが特に良かった。
揚げたてなので、小骨までバリバリいける所もグットです。
表で待っていたときにパンケーキみたいな甘い臭いがずっとしていたんです。
まさか、それが鳥を揚げるときにつかう油の香りだったなんて。
美味いわけです。

しかしながら、ここのおねー様たちのパワフルなことw
自分より後に入ってきたお客様が鳥の唐揚げを頼まなかったんです。
そしたら「うちは唐揚げやだから!」と言い切って、
お客を帰らせてしまったw
たしかに飲み屋じゃないからね。
ラーメン屋でラーメン頼まないのと一緒だから。


結局二人で2軒まわって呑んで食ってーお腹一杯で、合計5000円位。
いやはやCP満足スキル高すぎますよ!


今度は、昼間から訪れようっと。



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




スポンサーサイト

お買い物♪

土曜はお酒の買出し♪

友人からお酒のセレクトを頼まれておりまして一緒に店に行くことに。
色々考えたのですが、お酒の話が聞けて、試飲もできる杉浦さんに
連れて行くことにしました。
店に行くのは夕方の約束だったので、その前にいくつかお店を回ることに。
今日は呑みの約束をしてたので電車でGO!

まずは、四ツ谷の鈴傳さん。
先日紹介した「居酒屋やまちゃん」で一番美味いとおもったお酒
「福祝」厳選槽場汲みを購入。やまちゃんは四ツ谷だし、たぶん鈴傳さんから
お酒を卸しているんじゃないかな?と思ったらビンゴでした。
やった!

そのまま、十番のはせがわさんへ。
1人、信頼のおける若い店員さんがおりまして、最近はこの方にゆだねます。
「ヤバイの何ですか?」と聞いたら、即答で出てきたのが「写楽」。
この店員さんですが、お勧めがある時とない時の差が明確w
今回は前者だったのでそのまま購入。
話を聞いたら「今朝も呑みました」だってw
出勤前にのむんかいっ!そのスタンス嫌いじゃないです。

麻布十番で別の友人と合流。
この友人にも良質な入荷情報がはいったら連絡すると約束をしていたので。
そのまま二人して元住吉の石澤さんへ。理由はもちろん「田酒」です。
やはり、石澤さんは田酒にめっぽう強い。
他では店頭で見ることのない「山廃」が普通に買える。
もちろん購入。
「裏 鍋島 隠し酒」があったので友人におすすめしたら
山廃とあわせて2本購入しておりました。

友人はここで離脱。
自分はそのまま浅草へ。
にしても、、リュック重い、、。

浅草で友人と合流。
一緒に四つ木の杉浦さんへ向かう。
どうか女将さんでありますように!と願いながら店に近づくと
女将さん登場!  よっー!!
日本酒にそこまで詳しくない友人に丁寧に説明をしてくれました。
女性同士が日本酒について語り合っている姿はあまり見慣れないので
ちょっと新鮮で面白かったです。
そうそう、杉浦さんにも「裏 鍋島 隠し酒」があったのでそれを薦めたのと
女将さんお勧めの「会津娘 雪がすみの郷」の2本を友人は購入しました。
私も雪がすみを購入しましたよ。

こうやって書くと、昨日は完全に「鍋島」の回し者だなw


せっかく四つ木までいったので立石で一杯。

続く~



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

でん六 「マ~メマ~メ ~Dancing Mame Mamix~」

ちょっ、これ出来が良すぎるだろ!w
曲かっけー!
でんちゃん、かわいすぎだって



オリジナルミックス


はまる。



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




居酒屋やまちゃん @四ツ谷

F1001948.jpg


「一年先まで予約で満席」

そんな居酒屋が四ツ谷にあります。
今回訪れた「居酒屋やまちゃん」である。
幸いなことに、一年前に予約をとっていた友人にお誘いいただき、
お邪魔させていただきました。
本当に感謝である。

それにしても、このお店の何が人気なのか?
気になる所ですよね。

築地市場で働いていた主人が極上の魚料理をだす。
そして極上の酒が飲める。
これだけも十分魅力的だか、珍しいことでもない。

ではなんでしょう?
それは、ここのシステムにあります。
このお店に選択肢はありません。
全員が¥5800のコースのみ。
しかし、その内容がすばらしい。
美味しい料理だけでなく、地酒が呑み放題なんです。
吞み放題といっても侮るなかれ、この一覧を、見てみて!

F1001951_20110130125715.jpg

よだれがでるような通で旬なお酒ばかりでしょ?
入荷のタイミングがよければ、十四代だって。
これらが制限も無く好きなだけ呑めるというから驚きだ。
一人で働いているご主人故、量り売りするのが面倒らしいw
お酒を消費してもらって、次々と仕入れしたいというスタンスは
厨房の奥に鎮座する日本酒用冷蔵庫からも感じることができた。


なるほど。
すごく美味しい料理は次から次へとでてくるし。
お酒は頼めば瓶ごと渡される
封開けも何本もありました。
F1001952.jpg
玉川の熱燗をたのんだら、こんな素敵な熱燗セット(温度が分かるのは嬉しい)で出てくるし
F1001978.jpg
まさに、旨い飯と旨い酒をお腹一杯ってことなんです。

お酒もほぼって言うくらいの沢山飲んだのですが、
特に素晴らしかったが、「福祝」と「千代の光」
F1001979_20110130124927.jpg F1001980.jpg  F1001970.jpg F1001971_20110130130747.jpg
福祝は五百万石の甘みをフルにいかした極上の酒でした。
購入して家でじっくり呑もうと心に誓いました。
千代の光は、酸味マジック。ラムネの体をおもいださせるような爽やかなお酒でしたよ。

料理も鯨の刺身を筆頭に、旬な魚の焼き・煮付けなどを堪能。※写真は一部
F1001959_20110130131327.jpg F1001977.jpg F1001983.jpg

しかし、なんといっても一番旨かったのは〆にでてくるTKGであることは紛れもない事実。
F1001987.jpg
米(確かミルキークイーンだっけな?)を釜をたいたのかな?
尋常じゃなく良い香りのする白米に、極上の卵。
そこに、少しの醤油と、魚の煮付けのルーシーをかける。
あー、、もう日本人に生まれてよかったと思う瞬間でした。
このTKG。怪物ですよ、本当に。今風にいえば、もってますね。

なにはともあれ、呑んだー、食ったー!満足満足。

常連さんで回ってしまっているお店なので、
予約を取るのは難しいかもしれないですが、
いつか、貸しきって皆さんと店の酒を全部開けてみたいです。

F1001949.jpg F1001950.jpg F1001953.jpg F1001954.jpg F1001955.jpg
F1001956.jpg F1001957.jpg F1001958.jpg F1001961.jpg F1001962.jpg
F1001963.jpg F1001964.jpg F1001968_20110130124733.jpg F1001969.jpg F1001975.jpg
F1001967.jpg F1001966.jpg F1001976.jpg F1001985.jpg F1001986.jpg
F1001960.jpg F1001972.jpg F1001974.jpg F1001973.jpg


居酒屋やまちゃん
http://web.me.com/pon/index/home.html



力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




裏 鍋島 純米吟醸 隠し酒 @佐賀

F1001944.jpg


以前から気になってはいたのですが、名前をすっかり忘れてしまった。
そんなことありますよね。
先日、酒屋で話かけられた見ず知らずの方から、そのイベント名がでてきて、
思わず「あー!」と言ってしまいました。
気になっていたイベント「smile日本酒
簡単にいうと、クラブで日本酒をみんなで楽しく飲みましょう!ってイベント。
しかし、振舞われるお酒はかなりハンパないラインナップ。
蔵元に方もゲストに呼ぶそうでなかなか面白そうですね。
次会は参戦してみよー!
この間、色々話してくれた方にもお会いできるかな?


さて、先日小山さんに訪れたときに入荷日だってーのにものすごい勢いで
なくなっていたお酒がこちらです。

アツい九州の地酒「鍋島」、それも、裏ときたもんだ。
「このお酒、あらばしりと責めをブレンドしたものなんですよ」と、
説明を受けた瞬間に「ください」といってしまったお酒です。

いきますよー開封!

甘い香りがただよいます。
含むと、甘みをやさしく包み込むような旨みがジューシーに広がります。
先日呑んだ三千櫻のように、甘さと香りがグンとくる感じではなく、
旨みの奥から、ジワジワと甘さが広がっていく感じ。
その甘さが実に上品。緩やかな日差しのような暖かい甘さです。
開封したては若干の樽香がしましたが
この香りは開封2日目には大人しくなりました。
喉を通すと喉から鼻に辛さがぬけ、丸くきれていきます。

味に厚みがあるんだけど、重たくもないから、とても美味しい。
結構クピクピいけちゃうから、かなりなくなってしまった。
このあたりはブレンドのなせる技かな?なんて思います。

一回売り切れてしまいましたが、
また入るとおっしゃってました。
値段も安!CP抜群です。
気になる方は是非チェックしてみてください。
そうそう、話題の「風」も再入荷してましたよ。


F1001945.jpg


富久千代酒造有限会社
http://nabeshima-saga.com/

精米:50% 度数:16% 杜氏:飯盛 直喜
小山商店 1800ml ¥2,630


力です!いつもランキングクリックしていただき激感謝です!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (63)
食・店・施設 (396)
東北 (217)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (44)
山形県 (43)
福島県 (63)
関東 (70)
茨城県 (6)
栃木県 (19)
群馬県 (14)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (9)
神奈川県 (5)
中部 (126)
新潟県 (40)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (31)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (7)
近畿 (84)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (20)
和歌山県 (3)
中国 (38)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (11)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (20)
福岡県 (9)
佐賀県 (5)
長崎県 (1)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽 (245)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する