2016-10

外ヶ濱 純米吟醸 TREIZE SG @青森

DSC_0498_20161016135201893.jpg


昨日に続いてSG。

含んだ瞬間感じる、柔らかい香りとくすんだ甘味。
旨味と融合した甘味と酸味はバランスがかなりいいなぁ。
酸味だけでいうと、ドライな方向にころがるんだけど、
見事に香りでふくよかな味わいに定着させている。
終始、腰の座ったしっかりとした味わいにも感じるが、
キレもあるんだよね。

この二本に限って言えば、好みはSGの方かな。

DSC_0500_20161016135221070.jpg DSC_0505.jpg DSC_0506.jpg


株式会社西田酒造店
http://www.densyu.co.jp/

青森県産華吹雪 精米:50% 度数:13
720ml ¥1620 y





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




スポンサーサイト

外ヶ濱 純米吟醸 TREIZE AY @青森

DSC_0495_20161016135158642.jpg


西田さんのチャレンジ酒、トレーゼ(フランス語で「13」=度数)。
AYとSGの二本。
両方とも青森の酒米、華吹雪を使用してのお酒。
AYは酒母四段製法により仕込み、濃醇(甘さ)を
SGは麹四段製法により仕込み、甘みと酸のバランスを
表現したらしい。

取り急ぎ、両方とも含んだ印象としては、酸が特徴。
AYは甘さ、SGは香りそんな印象が多いようですが、
私には前者がキレる酸味でドライ、
後者が丸くソフトな味わいに感じました。


では、前者AYから。

口当たりの鋭い酸味に少しびびります。
香りが弱いせいか、いうほど甘味は響きません。
口のなかでころがしていると、確かに
ザラメのような甘さが顔をだしてきます。
米の芯の甘さといいますか、どこか郷愁すら感じる甘さです。
しかし、酸味にひっぱられて、がっつりはのってきません。
旨味も全面にでることもなく、すんなり切れていく辺りが
面白味でもあるんですが、ちょっと物足りない感じも否めない。
まぁ、チャレンジ酒ってそういうもんかなと。

DSC_0502.jpg DSC_0496_20161016135159fcd.jpg DSC_0497.jpg


株式会社西田酒造店
http://www.densyu.co.jp/

青森県産華吹雪 精米:50% 度数:13
720ml ¥1620 y





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




田酒 純米吟醸 雄町 @青森

DSC_0488_20161016135156467.jpg


田酒が雄町ですよ。
西田さんの攻めの姿勢がとどまりません。

すっきりとした香りながらも
潜む甘さは香りからも感じます。

含む。

雄町と象徴するのスイーツ的な甘さですが
香り同様、すっきり。
無論、すっきりといっても端麗のそれとは全く違います
しっかりとした甘味はあるのにすっきりって感じ。
雄町らしいザラメのような甘味と、中盤から膨らむ旨味。
そして太い辛味。これらがバランスよくからんできれていきます。

これ、燗でもいけます!
美味しいです。

DSC_0509_201610161352196bb.jpg DSC_0511.jpg DSC_0512_201610161352451c9.jpg


株式会社西田酒造店
http://www.densyu.co.jp/

雄町 精米:50% 度数:16
720ml ¥2,376 y





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




越乃影虎 龍 @新潟

DSC_0595_20161016113444e8b.jpg

続いて、影虎。

香りはがっつりオールドスクール。
好きなひとはとことん、嫌いなひとは
苦手な香りです。

ふくむ

雪中梅にくらべるとだいぶすっきり。
五百石を使用しているとはいえ、
甘味はそこまでつよくありません。
相反するように、酸味と旨味と辛味
これらはだいぶ強い。
この芯の太さはまさに燗向け。
熱燗でくぴくぴいきまたよ。

後半は買ってきたフグヒレでヒレ酒に。
値段を考えれば、何気にあり。

DSC_0581_20161016113440add.jpg DSC_0584_201610161134413b6.jpg DSC_0585.jpg DSC_0587_201610161134383b5.jpg


諸橋酒造株式会社
http://www.morohashi-shuzo.co.jp/

五百万石 精米:65% 度数15-16 アル添
池田屋 720ml ¥815





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




雪中梅 本醸造 @新潟

DSC_0597_2016101611391232f.jpg


雨がずっと続いてムシムシ、酒よりビール
そんな日々も過ぎ、コオロギがなきまくる夜。
そろそろ燗酒ですよね。
なんとなく、オールドスクールな
本醸造系がのみたくなって、購入してきました。
ふだんなら絶対手にしない酒を二本。
でも、一般流通酒のお酒の味わいには
求められる理由もあるわけで。
その部分をかまみましょう。

香りはまろやか。
オールドスクール感はそこまで強くなく
少し甘味のある香り。

含むと旨味と甘味ががつっとと広がる。
アル添の甘さと言えばそれまでだが、
全体のバランスとしては悪くない。
少しもたつく中盤の味わいは、
辛さでなんとかきれていく。
味わいは濃厚。
重厚な旨味をラストまで楽しめる感じかな。

昔の人たちにとって、このお酒は
だいぶ、甘い方になるのだろうか?
そもそも、おらがまちレベルに蔵が
存在していたころには、酒の甘さって
どれくらいつよかったんだろう?
そんなことを思いながら、夜がふけて行く。

温帯は、常温からぬる燗くらいまでがいいかな。
好みとは違うが、アテによってはあり。

DSC_0589.jpg DSC_0590_20161016113910af5.jpg DSC_0591.jpg


株式会社丸山酒造場
http://niigata-sake.or.jp/kuramoto/112_index.html

精米:63% 度数:15-16 アル添
池田屋 720ml ¥1,296





Hi! it is Riki.Please click it if good.
banner3.png




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

力蔵(riki)

Author:力蔵(riki)
東京都出身在住
音楽と酒で
レイドバック
念の為 利酒師
酩酊フリーク故に
酔った時のみ投稿

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

初めのご挨拶 (1)
雑談 (62)
食・店・施設 (403)
東北 (219)
青森県 (38)
岩手県 (6)
宮城県 (23)
秋田県 (45)
山形県 (43)
福島県 (64)
関東 (75)
茨城県 (8)
栃木県 (21)
群馬県 (14)
埼玉県 (8)
千葉県 (9)
東京都 (10)
神奈川県 (5)
中部 (131)
新潟県 (43)
富山県 (4)
石川県 (10)
福井県 (10)
山梨県 (1)
長野県 (32)
岐阜県 (15)
静岡県 (8)
愛知県 (8)
近畿 (85)
三重県 (35)
滋賀県 (8)
京都府 (5)
大阪府 (5)
兵庫県 (8)
奈良県 (21)
和歌山県 (3)
中国 (39)
鳥取県 (1)
島根県 (11)
岡山県 (3)
広島県 (12)
山口県 (12)
四国 (21)
徳島県 (4)
香川県 (3)
愛媛県 (4)
高知県 (10)
九州 (21)
福岡県 (9)
佐賀県 (6)
長崎県 (1)
熊本県 (3)
大分県 (2)
焼酎・その他のお酒 (10)
音楽・ダンス (250)
酒屋 (1)
密かに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード(携帯サイト)

QRコード


この検定に挑戦する